トップ 皮膚科口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





皮膚科口コミガイド美容皮膚科にできること > シミ・ソバカス・クスミを解消

シミ・ソバカス・クスミを解消

シミ・ソバカス・クスミを解消の画像

ある日突然、鏡の中の自分の顔に“シミ”を見つけた時のショックは大きいものです。

けれども“シミ”などのお肌のトラブルはある日突然起こるのではなくて、かなり前から皮膚の奥の部分で起こり、それが積り積った結果表面に現れるのだそうです。

女性の顔面に多くみられる薄茶色の色素沈着である“シミ”は、大きく2つの種類に分かれています。

その1つは顔などにほぼ左右対称にできる“肝斑”で、実際には肝臓の機能とは関係なく、色が肝臓のように赤みを帯びているためにそう名づけられているようです。

そして女性ホルモンが深く関係しているために、妊娠やピルの服用がきっかけで増えることが多いようですが太陽光線を浴びやすい箇所に発生することから紫外線も絡んでいると考えられています。

もう1つは“老人性色素斑”と呼ばれる老人性のシミで、中年以降に顔や手の高などの紫外線を受けている部分に境界がくっきりとした円形の濃い褐色をしているのが特徴です。

次に、中国医学では“夏日斑”、“雀斑”あるいは“雀卵斑”とも呼ばれている“ソバカス”は、文字通り色や形が雀の卵の殻にある斑点の模様に似ていることから名づけられていますが、江戸時代あたりからは蕎麦の実を潰した後の蕎麦ガラに似ていることから“ソバカス”と呼ばれるようになったようです。

“シミ”とは異なりほとんどのケースが遺伝的なものだと言われていますが、他にも“紫外線”が原因となって現れる“光線性花弁状色素斑”もあります。

また“シミ”と同時に気になり始めるのがお肌の“クスミ”で、これは血行不良や新陳代謝が悪くなって古い角質が剥がれ落ちていなかったり、お肌の水分が不足していることが原因となっています。

“美容皮膚科”ではこれらの症状に対してレーザーを用いてメラニン色素を破壊したり、“イオン導入”や“ピーリング”などによる治療で効果を上げています。

ちなみに特殊なアルミニウムの粉を顔に吹き付けて角質と一緒に取り除いていく“クリスタルピーリング”は薬品を使わずにお肌の角質を取り除いて肌を滑らかにするだけでなく、施術後はお肌の新陳代謝が活発になってハリを取り戻すこともできると、その効果には定評があります。

スポンサードリンク

皮膚科口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 皮膚の構造と役割

皮膚は私たちの体全体を覆って外部からの刺激や衝撃を和らげたり、有害な物質が入ってこないように防御したり、体の中の必要な物質が失われないように守ったりする役割を果たしていますが、その構造は表面から“表皮”“真皮”“皮下組織”の3つの層に分かれて私たちが生きて行く上で欠かせない排泄や体温調整などの生理機能も司っています。 まず1つ目、皮膚の一番外側にある“表皮”を見てみると、ここでは最も“真皮”に近い部分にある“基底細胞”という未分化の細胞が増殖を繰り返すことによって細胞は次第

皮膚科口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。