トップ 皮膚科口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





皮膚科口コミガイド美容皮膚科にできること > ニキビの悩みを解消

ニキビの悩みを解消

ニキビの悩みを解消の画像

ニキビは皮脂の分泌が盛んになる中高生の頃から出始めることもあって、昔の人は“青春のシンボル”と言っていますが、顔という一番目立つ部分に赤みが出たり、炎症が起こったり腫れたりするのは、どんなに神経の図太い大雑把なタイプの人でも嫌なものだと思います。

そして不潔にしておくことが原因だからと一日に何度も洗顔をする人もいますが、ニキビの状態もさまざまであるために過剰な洗顔がかえってニキビを悪化させてしまうこともあります。

特に皮脂を取り去る効果の強いニキビ専用の洗顔料などは、正常な部分の皮脂を取り過ぎてしまってカサカサにし、肌の抵抗力を低下させてトラブルを起こしやすい状態にしてしまうと言われています。

ニキビができる原因を見て見ると、その1つに“アクネ菌”があります。

これは“ブドウ球菌”などと同様に健康な肌にもくっついている常在菌の1つで、しかも肌のバランスをコントロールし正常に保つためには欠かせないもので通常は何の害も及ぼさないのですが、“アクネ菌”には“皮脂を好んで、酸素を嫌う”という性質があるために、思春期になって男性ホルモンの働きが活発化し皮脂の分泌が必要以上に増えて毛穴から排出できないほどになると毛穴は“アクネ菌”にとっては格好の住処となり増殖し始めるのです。

そうなると体は白血球を動員してやっつけようとし、後には黄色っぽい膿がたまります。

この時点で毛穴から上手に膿を排出させることができれば問題はないのですが、押したり、手で潰したりすると周囲の組織が壊されて傷跡が残り、“ニキビ跡”となったり、“アクネ菌”が分泌する“ポリフィリン”という物質に紫外線が当たって、大量の活性酸素を発生し細胞を破壊してシミを作ってしまいます。

特に30代以降はこのシミがいつまでも消えずに残ってしまうので、注意が必要です。

そこでお勧めしたいのが“美容皮膚科”で行われている“レーザーや光”を使った治療で、これにはお肌を殺菌すると同時に皮脂の分泌量を抑制してニキビのできにくい肌を作る効果があると言われています。

スポンサードリンク

皮膚科口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 光線過敏症・自己免疫水疱症

私たちが毎日のように浴びている太陽の光には可視光線が52%、赤外線が42%、そして紫外線が6%含まれています。 そしてこの中でも特に人間の皮膚に好ましくない影響を与えるのが“紫外線”で、一般に長波長紫外線を“UVA(A波)”、中波長紫外線を“UVB (B波)”と呼んでいますが、普通の人ではトラブルを引き起こさない量の紫外線にも過敏に反応して顔面や耳、頸部、手、背中などに発疹が出る“光線過敏症”は、人によってその原因がまちまちで、“UVA(A波)” であったり“UVB (B波

皮膚科口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。