トップ 皮膚科口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





皮膚科口コミガイド皮膚のトラブル > 脂漏性湿疹・主婦湿疹

脂漏性湿疹・主婦湿疹

脂漏性湿疹・主婦湿疹の画像

“脂漏性湿疹”は頭や顔、胸、背中、脇の下、股部などの皮脂が出やすい部分にできるカサカサして白いフケのようなカサブタを伴う湿疹で特に乳児や高齢者に多く発症します。

乳児に発症しやすい“乳児脂漏性湿疹”は頭やおでこに強い発疹が出ますが、成長とともに症状は軽くなって行きます。

一方高齢者の場合は、眉毛、鼻の横、口の周りに出て冬に悪化し、暖かくなると症状が軽くなる傾向にありますが、根治は難しいために一生付き合う覚悟でいた方が良いようです。

原因は、過剰に分泌された皮脂中の“トリグリセリド”という脂質が常在細菌によって分解されてできる物質や過酸化脂質、カビなどが皮膚に刺激を与えて接触性皮膚炎を生じるためとされ、治療ではステロイドや抗真菌剤の外用薬、それに抗ヒスタミン剤やビタミン剤、整腸剤などが処方されますが、ビタミンB2、B6の欠乏や疲労、睡眠不足、ストレス、アルコール依存、糖尿病、肝疾患、胃腸障害なども症状を悪化させると考えられています。

また“主婦湿疹”は“慢性刺激性皮膚炎”や“アレルギー性接触皮膚炎”のことを言いますが、特に水仕事で洗剤を使うことの多い20代から30代の主婦に発症しやすいことからこの名前が付けられています。

通常私たちの皮膚の表面は薄い皮脂膜でおおわれていて手を守ってくれていますが、料理や洗濯や掃除、食器洗いなどと水に触れ過ぎることによってその膜は次第に失われてしまい、そのままの状態で紫外線を浴びたり乾燥したりすることによって皮膚の奥にまで刺激が入り込んでしまうことが原因だと言われ、冬などの乾燥する季節には誰でも手が荒れやすいものですが、季節が変わっても良くなることはなく一年中悩まされるのが特徴です。

また、症状には“乾燥型”と“湿潤型”の2つのタイプがあって最初は手がカサカサに乾燥して皮がむけたり、ひび割れたり、皮膚が硬くなったり、指紋が消えたりする “乾燥型”の症状が現れ、この状態を放置しておくと“湿潤型”へと移行して小さな水ぶくれができたり発疹やかゆみなどの症状が現れるようになります。

ここまで悪化すると完治させるのにかなりの時間がかかるので、症状の軽いうちから洗剤は薄めて使うようにしたり、ゴム手袋を使用したり、水仕事の後にハンドクリームを塗ったり、それでも効果がなければ食器洗浄機などの家事の負担を軽減してくれる機器を購入することをお勧めします。

ちなみに食器洗浄機で使用する水の量は手洗いよりも少なくて済むために、年間ではかなり費用を節約できると言われています。

スポンサードリンク

皮膚科口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ レーザー治療とは?

“レーザー治療”はアザやソバカス、シミなどのトラブルをかかえた細胞に焦点をあててレーザー照射を行うことによって、異常な部分だけを瞬間的に分解して除去する方法で、正常な細胞にダメージを与えたり外科手術とは違って出血したり傷跡が残ったりする心配もありません。 レーザーにはさまざまな波長のものがあって、メラニン色素に焦点を合わせたもの、血管中のヘモグロビンに焦点を合わせたもの、皮膚の深い部分にある毛根に焦点を合わせたものなど治療の種類によって 使い分けられています。 まず1つ目の

皮膚科口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。