トップ 皮膚科口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





皮膚科口コミガイド皮膚の病気 > 薬疹・蕁麻疹

薬疹・蕁麻疹

薬疹・蕁麻疹の画像

“薬疹”は注射や薬の内服によって起こる皮膚の疾患で、薬剤に対して体の免疫システムが働いて起こるものですが、単なる中毒によるものと過敏体質の人にだけ起こるものとがあります。

発症は、通常2週間から3週間経ってからさまざまな形で現れ、中でも水ぶくれになったり、紅斑の中にもう1つの紅斑が生じたり、口腔部やまぶたなどの粘膜に発疹がある場合は重症になりやすいので注意が必要ですし、“薬疹”は、まれに生命に危険を及ぼすようなタイプのものもあるので侮ってはいけません。

また発症の仕方もこれまでに引き起こされた薬剤と同じようなものであればすぐに反応が起こったり、数年経ってからじわじわと出てくるタイプもあったり、治療して症状が治まった後に激しい発疹や肝障害などを誘発する“薬剤性過敏症症候群”というタイプもあるので皮膚科の診断だけでは原因となっている薬剤を特定することが困難な場合もあります。

治療ではまず、疑わしい薬剤の使用を止めて症状が軽くなるかどうかをみます。

そして軽くなったとしてもその薬剤だけが原因かどうかの検査が必要になってくるために、血液を採取して薬剤と白血球との反応を見る検査なども行って薬疹を誘発している薬剤を突き止めていきます。

次に、“蕁麻疹”はよく耳にする皮膚疾患でよくいやなものを見てしまった場合などに、「蕁麻疹がでそう!」などと言ってしまうことがありますね。

そのように食べ物や薬、気候の変化による刺激、日光、ウィルス、細菌感染だけでなく実際に精神的ストレスが原因となることもあります。

このように原因はいろいろありますが、いずれも皮膚の真皮部分にあってかゆみや炎症を引き起こす物質が多くふくまれている“肥満細胞”という部分が刺激を受けることによって働きが活発になるからだと言われています。

皮膚科では原因を突き止めるために血液検査や、皮膚に抗原液を垂らして針で5mm程度ひっかいて15分後の皮膚反応を見る“ブリックテスト”を行い、抗アレルギー薬が処方されます。

スポンサードリンク

皮膚科口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 皮膚の構造と役割

皮膚は私たちの体全体を覆って外部からの刺激や衝撃を和らげたり、有害な物質が入ってこないように防御したり、体の中の必要な物質が失われないように守ったりする役割を果たしていますが、その構造は表面から“表皮”“真皮”“皮下組織”の3つの層に分かれて私たちが生きて行く上で欠かせない排泄や体温調整などの生理機能も司っています。 まず1つ目、皮膚の一番外側にある“表皮”を見てみると、ここでは最も“真皮”に近い部分にある“基底細胞”という未分化の細胞が増殖を繰り返すことによって細胞は次第

皮膚科口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。