トップ 皮膚科口コミガイドについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ





皮膚科口コミガイド皮膚の病気 > 皮膚の構造と役割

皮膚の構造と役割

皮膚の構造と役割の画像

皮膚は私たちの体全体を覆って外部からの刺激や衝撃を和らげたり、有害な物質が入ってこないように防御したり、体の中の必要な物質が失われないように守ったりする役割を果たしていますが、その構造は表面から“表皮”“真皮”“皮下組織”の3つの層に分かれて私たちが生きて行く上で欠かせない排泄や体温調整などの生理機能も司っています。

まず1つ目、皮膚の一番外側にある“表皮”を見てみると、ここでは最も“真皮”に近い部分にある“基底細胞”という未分化の細胞が増殖を繰り返すことによって細胞は次第に表層部へと押し上げられるように上へ上へと分化してまず“有棘層”、次に“顆粒層”、最後に表層の“角質層”へと硬度調整をしながら表面に出てきて、最後には脱核という細胞死が起こって剥がれて落ちます。

“基底細胞”の部分にはメラニンをつくる色素細胞や角層をつくる角化細胞、それに免疫をつかさどるランゲルハンス細胞もあります。

2つ目の“真皮”は表皮を下から支えている部分で、毛細血管があって表皮への栄養補給を行ったり表皮からの情報を受け取る“乳頭体”、コラーゲンというたんぱく質の白いひものようなものが網目状に張りめぐらされている“網状層”と、その隙間を満たすヒアルロン酸やコラーゲン、コンドロイチン硫酸などのムコ多糖類と水分を含む“基質”からできています。

ここには、コラーゲンなどの線維の他にも毛細血管や神経、脂腺毛嚢、汗腺、リンパ管などがあって、皮膚へ栄養を送ったり、代謝や感覚も司っています。

ちなみに“しわ”は“網状層”の線維が老化に伴って変形したり、減少したり、切断されたりすることが、一方“たるみ”は“乳頭体”が並んで層になっている“乳頭層”が老化によって扁平になるのが原因とされています。

3つ目の“皮下組織” は多くの脂肪細胞を含むことから“脂肪組織”とも言われ、皮下脂肪によって体の体温を保ち、外部からの衝撃を和らげたり上に位置する表皮と真皮が効率よく働くことができるようにする“皮膚の基盤”としての役割も果たしています。

“たるみ”は、真皮にしっかりと固定されていた“皮下組織”の結合力が弱まって垂れ下がってくるもので、“表皮”に現れる老化現象はこの部分の衰えからくるもののようです。

スポンサードリンク

皮膚科口コミガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ レーザー治療とは?

“レーザー治療”はアザやソバカス、シミなどのトラブルをかかえた細胞に焦点をあててレーザー照射を行うことによって、異常な部分だけを瞬間的に分解して除去する方法で、正常な細胞にダメージを与えたり外科手術とは違って出血したり傷跡が残ったりする心配もありません。 レーザーにはさまざまな波長のものがあって、メラニン色素に焦点を合わせたもの、血管中のヘモグロビンに焦点を合わせたもの、皮膚の深い部分にある毛根に焦点を合わせたものなど治療の種類によって 使い分けられています。 まず1つ目の

皮膚科口コミガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。